公開 2020年5月6日
ラブシェール法とは

ラブシェール法とは?

ラブシェール法(Labouchère)はスプリットマーチンゲール法とも呼ばれ、モンテカルロ法同様に、数列を使って賭け額を調節する攻略法です。ラブシェール法は勝ち負けによって賭け額が変動するため、プログレッシブ型の攻略法の仲間です。

ラブシェール法の仕組みと使い方

ラブシェール法は、自分で数列を考えて賭ける方法で、数列の合計が儲けたい額になっていれば、2倍配当のゲームで数列を賭け終えた時にその額が手に入ることになります。

考え方としては、負けたら数列に数を足すことで負けを回復し、勝てば勝つほど数列が短くなりベット終了に近づくことができるというもの。

ラブシェール法の名前の由来

ラブシェール法という名前は、19世紀のルーレットプレイヤー、ヘンリー・ラブシェール(Henry Labouchere)に由来します。 ラブシェールはイギリスの富裕層出身で、政治や出版を仕事にしていましたが、ギャンブル好きで、ルーレットで儲ける方法を試行錯誤した結果、この攻略法にたどり着いたそう。

ラブシェール法の使い方

1. 儲けたい金額を決める。
2. 合計が儲けたい額になるように数列を作る。合計さえ合っていれば、数字の並びは自分の好きなように決められる(例:合計20になる数列)

3-3-1-3-2-4-1-2-1

数列が長くなればなるほど、長く賭け続けなければい点に注意。

3. 最初の数字と最後の数字を足した額を賭ける(例:3+1)
– a. 勝ったら、賭けた数字を消す

3-3-1-3-2-4-1-21

– b. 負けたら、負けた賭け額を加える

3-3-1-3-2-4-1-2-1-4

4 .数列を使い切ったら(欲しい金額を手に入れたら)終了。

モンテカルロ法とラブシェール法の違い

ラブシェール法は一見モンテカルロ法と似ていますが、以下のような違いがあります

  1. モンテカルロ法は数列1-2-3から始める。
  2. モンテカルロ法では最終的に獲得する額は決められない。
  3. ラブシェール法は2倍配当のみで使えるが、モンテカルロ法では2倍または3倍配当のゲームで使用することができる。
  4. ラブシェール法では数字が無くなった時点で賭けが終わるが、モンテカルロ法では最後の数字が一つまたは無くなった時点で賭けを終了する。

ラブシェール法で稼げる?ラブシェール法の効果検証

ラブシェール法は、2倍配当のゲームで効果を見せると言われています。2倍配当とは、勝ったら賭けた額が2倍になって返ってくるゲームのことです。

2倍配当のゲーム例

ラブシェール法は、ラブシェール氏がルーレットのために考案した攻略法なので、ルーレットの攻略法として知られていますが、他の2倍配当のゲームでも応用できます。

ラブシェール法の弱点

絶対に勝てる必勝法というものは存在しないため、ラブシェール法にもいくつか弱点があります。

連敗に弱い

ラブシェール法は、負けるたびに数列に賭け額を追加していくため、連敗が続くと、数列が長くなり、長期戦になる可能性があります。

数列を自分で考えなければならない

ラブシェール法では、自分で儲けたい額を決められる一方、自分で数列を考えなければなりません。一見簡単ですが、負けたら最初と最後の数字を足した額を数列に加えていくため、負けが続くと当初数列に加えた数の何倍もの数を賭けることになります。

このことを考慮していい数列を考えなければならないため、何度かプレイしてみて数列の良し悪しを見極めることが大切です。一度自分に合った数列が見つかれば、もちろんそれを次回から使い続けることが可能です。

ラブシェール法を実際に試してみた

ここで実際にラブシェール法は効果的なのか、実際にオンラインカジノのバカラとルーレットで利用してみました。

ラブシェール法をバカラで応用

ラブシェール法をバカラで利用する前に、自分なりに以下のようなルールを儲けました。

  1. プレイヤーに賭ける
  2. 儲けたい金額を20ドルに設定
  3. 数列がなくなる、または数列の長さが15になるまでプレイする
ラブシェール法をバカラで実践した結果 ラブシェール法をバカラで実践した結果

見ての通り、数列が長くなり、4ドルで開始した賭け額も、最終的には105ドルまで跳ね上がり、35回目の時点では総計が-168になるなどと、リスクが高いゲームとなりました。最終的には、賭け額がテーブルリミットに達してしまったため、途中でやめざるを得ない状況となりました。

賭け額が100ドルを超えるまで跳ね上がりましたが、ラブシェール法の弱点でも述べた通り、数列が良くないと賭け額が高額になります

ラブシェール法をルーレットで応用

ラブシェール法をルーレットで利用する前に、自分なりに以下のようなルールを儲けました。

  1. ヨーロピアンルーレットを使用する。
  2. 儲けたい額を20ドルに設定
  3. 数列が無くなる、または数列の長さが15になるまでプレイ
ラブシェール法をルーレットで実践した結果

数列を短くし、同じ結果でプレイしていた場合

ラブシェール法をルーレットで実践した結果

今回はバカラの反省点を考慮し、数列を調節しました。3回から5回目にかけて連勝が続いたことにも起因しますが、同じ20ドル獲得を目標にしていても、最高賭け額が10ドル以下で目標を達成することができました

逆ラブシェール法とは

逆ラブシェールは、負けた金額を加えていくラブシェール法とは逆に、勝ったら賭け額を加えていく方法です。

逆ラブシェール法の仕組み

逆ラブシェール法では、負けたら数列の最初と最後の数を消していくので、ラブシェール法では数列を作る前に儲けたい金額を設定しますが、逆ラブシェール法では、負けてもいい金額の総額(賭け額の総額)を設定します。

数列が無くなった時点で手持ち金がゼロになるため、賭けを終了します。これによって、賭けすぎを防ぐことができます。

逆ラブシェール法の長点と弱点

逆ラブシェールでは、自分で決めた額以上は負けないため、負けを調節できるのが最大の特徴です。さらに、勝った時に賭けた額を足していくため、勝てば勝つほど賭け額が上がり、勝利金も上がります。

弱点として挙げられるのは、勝てば勝つほど数列が長くなるため、自分で引き際を決めなければいけない点です。数列が無くなるまでプレイすることはもちろん可能ですが、その時点では手持ち金がゼロになるため、それを避けたいのであれば、自分で損切りをする必要があります。

ラブシェール法のまとめ

  • 自分で儲けたい額と賭け額の元となる数列を決められるため、他の攻略法と比べて自分で賭け額と儲け額をある程度調節できる
  • 何度か攻略法を使うことで、自分にあった数列を見極めることができる

よくある質問

ラブシェール法が使えるカジノゲームは?

ラブシェール法は、バカラ、ルーレット(赤・黒、偶数・奇数、ハイ・ロー)、ブラックジャックなどの2倍配当のゲームで使うことができる攻略法です。

逆ラブシェール法とは何?

逆ラブシェールは、負けた金額を加えていくラブシェール法とは逆に、勝ったら賭け額を加えていく方法です。

モンテカルロ法とラブシェール法の違いは?

ラブシェール法とモンテカルロ法には、主に以下のような違いがあります

  1. モンテカルロ法は数列1-2-3から始めるが、ラブシェール法は自分で数列を決められる
  2. ラブシェール法では、最終的に獲得したい目標額を設定できる。
  3. ラブシェール法は2倍配当のみで使えるが、モンテカルロ法では2倍または3倍配当のゲームで使用することができる。
arrow-icon