公開 2019年8月15日 |更新 2019年10月3日

バカラガイド:ルールから必勝法まで

バカラ(Baccarat)はトランプを利用したシンプルながらも、アジアのカジノでは特に人気のある、カジノゲームの定番です。ここではこのバカラの遊び方とその魅力に迫り、プロも使う攻略法とバカラを遊ぶのに最適なカジノを紹介します。

初心者にも分かるバカラのルールと遊び方

バカラのルールはいたってシンプルで、初心者でもすぐにルールを理解して、ゲームを楽しむことができます。ここではわかりやすくバカラのルールと遊び方を紹介します。

バカラのルールと遊び方

バカラは、バンカー(banker)とプレイヤー(player)と呼ばれる、仮想の二人のどちらが勝かに賭ける、いわば競馬に賭けるような感覚でプレイされるトランプゲームです。バカラでいうプレイヤーとはあなたのことではありません。

プレイヤーとバンカーで、カードの合計が9または、9により近くなった方が勝ちとなり、プレイヤー、バンカ-、またはタイ(引き分け)に賭けることができます。

最初にバンカーとプレイヤーにそれぞれ2枚のカードが配られます。

バカラのカードの数え方

バカラのカードの数え方は、ブラックジャックと少々似ています。

  • 「A」は1と数えます
  • 「2」~「9」はそのまま数えます
  • 絵柄の「J」「Q」「K」は全て0と数えます

合計が10を超えた場合、一の位のみを手札の合計とします。
例)「9」と「5」の合計は14ですが、この場合は4となります。

バカラのナチュラルウィンとは?

バンカーとプレイヤーにそれぞれ配られた2枚のカードの合計が8または9になることは、ナチュラルウィンと呼ばれ、この時点ですぐに勝敗がつきます。

3枚目のカードが配られる条件

もしどちらも8または9にならなかった場合、手札の合計によって3枚目のカードが配られるかどうかが決まります。この条件はプレイヤーとバンカーで異なります。

プレイヤーに3枚目のカードが配られる条件
手札の合計が5以下の場合

バンカーに3枚目のカードが配られる条件
プレイヤーに3枚目のカードが配られてから、バンカーにも3枚目のカードが配られるかが判断されます。配られる条件は以下の表に基づいていますが、ディーラーがルール通りカードを配ってくれるため、覚えておく必要はありません。

バカラで3枚目のカードが配られる条件

バカラの配当率とベットの仕方

プレイヤーに賭けた場合

  • プレイヤーが勝った場合、賭け額と同額が支払われる(2倍)
  • バンカーが勝った場合、賭け額は没収される
  • タイだった場合、賭け額が返却される

バンカーに賭けた場合

  • バンカーが勝った場合、賭け額から5%を引いた額が支払われる(1.95倍)
  • プレイヤーが勝った場合、賭け額は没収される
  • タイだった場合、賭け額が返却される

タイに賭けた場合

  • タイ(引き分け)だった場合、賭け額の8倍が支払われる(8倍)
  • バンカーまたはプレイヤーが勝った場合、賭け額は没収される

プロが教えるインターネット上バカラの必勝法

バカラは運任せのゲームのため、必勝法というものはないものの、プロなら誰でも知る黄金ルールや、効果的な賭け方が存在します。ここでは、バカラならではのルール「コミッション」を理解した上で、攻略法を確認していきましょう。

バカラのハウスエッジとコミッション

バカラにも、他のカジノゲーム同様、ハウスエッジというものが存在します。ハウスエッジとは、控除率とも呼ばれており、カジノ(胴元)の取り分を意味しています。簡単にいえば、賭けに負けて、賭け額が没収された分がカジノの取り分となり、この額と配当された額との割合がハウスエッジです。

バカラはプレイヤーとバンカーの勝つ確率が違うため、控除率もプレイヤーが1.24%、バンカーが1.06%と異なります。ちなみに、タイ(引き分け)のハウスエッジは14.4%です。

コミッション(手取り)とは、バカラ特有のルールで、バンカーに賭けて当った場合、配当の5%を胴元が手数料として引くというもので、プレイヤーに賭けて勝った際の配当が2倍なのに対し、バンカーに賭けて勝った場合の配当は1.95倍となっています。

これではプレイヤーに賭けた方が妥当なのではと思うかもしれませんが、控除率を見て分かる通り、バンカーの方がプレイヤーよりも控除率が低く、勝率が高いため、コミッションはこのギャップを補うために儲けられたルールだといえます。

バカラの有名攻略法・必勝法

ほとんど運任せのバカラにも、賭け方の攻略法やバンカー・プレイヤー勝敗の予測法などが、多数存在します。ここではそのうちでも、バカラプレイヤーは誰でも知っておくべきの攻略法を紹介します。

バカラでは引き分け(タイ)には賭けない

当たれば8倍の配当がもらえるタイですが、タイのハウスエッジ(カジノの取り分)は14.4%と高く、タイで当たる確率も9.53%と1割以下なので、タイには賭けないのが鉄則です。
タイに賭けていなくても、タイだった場合、賭け額がそのまま返ってくるということも覚えておきましょう。

バンカーに賭ける!

バカラでは、3枚目のカードが引かれる条件上、バンカーの方がプレイヤーよりも勝つ確率が高くなっています。具体的にはプレイヤーの勝つ確率は44.62%、負ける確率は45.85%と言われています。

もしもタイを考慮しない場合は、バンカーが勝つ確率は約51%と、50/50よりも少々高くなっています。これはバンカーに賭けないわけにはいきません。

バカラのカウンティング法とは?

ブラックジャックではよく聞くカウンティング法ですが、バカラにもシューの中のカードの枚数を予測する、カウンティング法が存在します。プレイヤーとバンカーの勝敗を観察して、波を見極めるというものです。

実際には、バカラは必勝法のない運任せのゲームなので、ブラックジャックのようなゲームとは違い、カウンティングは通用しません。バカラではブラックジャックのライブカジノとは違い、既に使われたカードはデッキに戻されませんが、次に出るカードを予測するのはほとんど不可能です。

バカラの罫線 (大路)予測は当たるのか?

バカラのライブカジノテーブル

「罫線」とは、ライブカジノバカラの画面右下にある表のことです。この表にはバンカーとプレイヤーの勝敗の結果の経歴が記録されています。この勝敗の波を見て、次にどちらが勝つかを予測するという方法がありますが、実際には役立ちません。ここで罫線の読み方となぜ罫線が通用しないかを説明します。

大路」とは罫線の記録方法の一種で、他にも小路、大眼仔、甲由路という記録法があり、全て同じ枠内に表示されていますが、一番上に表示されているのが大路です。

大路の見かたは簡単で、バンカーが勝った場合赤〇、プレイヤーが勝った場合青〇、引き分けだった場合、〇に斜め線が入ったものが左から右へと記録され、連勝の場合は、下に続けてマークします。

この勝敗の記録を見ると、バンカー、プレイヤーと交互に勝っていくパターンや、連勝が続くパターンなどが見えてきますが、これはほとんど偶然で、カウンティング同様、次にどちらが勝つかを予想する材料には足りません

バカラでマーチンゲール法を使う

マーチンゲール法は18世紀に考案されたベット法で、プログレッシブ型と呼ばれる賭け方です。方法は簡単で、最少ベット額から始め、負けたらば次のラウンドで賭け額を2倍にするということを繰り返していくというものです。考え方としては、賭け額を増やせば勝った時、負けた分を取り返せるというもの。

例)10 – 20 – 40 – 80 – 160 – 320 – 640 – 1280
実際に10ドルで賭け初めて7回連続で負けた場合、この時点で1270ドルを失なっただけではなく、8回目のラウンドで更に1280ドル賭けることになります。

更に、マーチンゲール法は損失を回復していくことが背景にある賭け方のため、8回目のラウンドで勝ったとしても2560ドルの勝利金を獲得するだけなので、2550ドルを引いてこの時点でたった10ドルの利益で終わります。

さらに一点注意しておきたいのは、バカラの場合、マーチンゲール法はプレイヤーに賭け続けた場合のみ負けが取り返せるということです。バンカーに賭けて勝った場合、コミッションが引かれるため、最後にはどうしてもマイナスになってしまいます。

バンカーに賭けて8回目で勝った場合、2560ドルから5%の128ドルが引かれるため、プレイヤーの場合残るはずの10ドルの利益も、バンカーの場合はマイナス118ドルに終わります。

プレイヤーに賭け続けた場合、最終的にはほんの少額の利益を手にするだけで終わることになりますが、負けが続いてテーブルの賭け額のリミットに達してしまうと負けが取り返せなくなってしまうので、オススメしません。

無料バカラゲームで練習する

ここで紹介したバカラの攻略法を早速実践したいというあなたには、まずは無料でバカラが遊べるオンラインカジノをおすすめします。例えば、ベラジョンワンダリーノでは、「練習モード」で無料で様々なゲームを試すことができ、もちろんバカラもその中の1つです。

バカラをプレイするならライブバカラで

せっかくバカラをプレイするなら、ライブカジノがおすすめです。ライブバカラでは、世界中のプレイヤーと自宅にいながら同席し、ディーラーが見えるから楽しめる、スクイーズバカラをプレイすることができます。

バカラの絞り(スクイーズ)って何?

バカラでは、しぼり、またはスクイーズと呼ばれる独特のカードのめくり方があり、ゲームの結果には関係ないものの、カードの端のほうだけをだけをめくり、すぐにカードの数字がわからないことから、緊張感を高めその場を盛り上げます。

本場のカジノでは、テーブルで賭け額が一番多い参加者がスクイーズできるということもあり、しぼり方も、めくるのにかける時間も様々です。ライブカジノでは、テーブル名にスクイーズと入っているところだけでスクイーズが行われており、通常ディーラーがスクイーズを行っています。最近では、プレイヤーが自分でカードをスクイーズできる「バカラコントロールスクイーズ」などが用意されているカジノもあります。

バカラスクイーズ

ライブバカラでイカサマをすることは可能か?

合法カジノでライブバカラのディーラーがイカサマを働くことはほぼ不可能です。何故なら、カジノでイカサマを働いていないか、定期的に第三機関から監査が行われており、イカサマが発覚した場合直ちにライセンスが没収されてしまうからです。

さらにライブカジノでは、ディーラーがイカサマを行わないように、カジノは様々なアングルにカメラを設置し、常に監視しています。

バカラをプレイするのに最適なカジノ

人気のあるバカラは、ほとんどのオンラインカジノでプレイすることができますが、特にライブバカラでおすすめなのが、ライブカジノハウスです。名前の通りライブカジノに徹底しているこのカジノでは、数多くのバカラのテーブルを用意しているため、スクイーズバカラを含めた、違った種類のバカラを楽しむことができます。

次におすすめなのが、カジノシークレットキャッシュバックで有名なカジノシークレットですが、もちろんキャッシュバックキャンペーンはライブバカラにも適応されます。これで、全額負けてしまってもさらに勝つチャンスを掴むことができます。

最後におすすめなのが、ビットカジノ。様々な仮想通貨を使えることで有名なビットカジノですが、質のいいバカラテーブルが多数用意されています。さらに、ここではなんとプライベートライブカジノでバカラを楽しむこともできるため、他のカジノではなかなかできないVIPな体験ができます。