更新 2023年4月27日

バカラのプロはいる?いない?

プロバカラプレイヤーって存在するのでしょうか。

プロポーカープレイヤーやプロ雀士(プロの麻雀プレイヤー)、昨今ではeスポーツやオンラインゲームをプレイして稼ぐプロゲーマーも登場して話題となっていますが、プロバカラプレイヤーってあまり聞かないですよね。

日本を含め、アジアで大人気のバカラゲームになぜプロプレイヤーはいないのか?さっそく調べてみました。

バカラのプロがいない理由

バカラのプロがいない理由は明白です。

世界にプロバカラプレイヤーがほとんど存在しない理由、それはバカラ勝利にスキルは必要なく、運(ツキ)が勝敗を左右するからです。

海外のみならず、日本にもプロポーカープレイヤーは存在しますが、プロバカラプレイヤーとなると、ゼロとは言わないもののその数はかなり少なくなります。

バカラ必勝法はない

バカラのプロがいない一番の理由は、先にも述べた通りバカラには必勝法がないことです。

Nojica

バカラの勝率を上げる方法に罫線予測がよく取り上げられますが、罫線での予想は意味がありません。

もちろん罫線を利用してバカラでお金を稼いでいるプレイヤーも中にはいますが、かなり少数派といえます。

プロのバカラプレイヤーはごく少数

バカラには攻略法や必勝法がないため、プロのバカラプレイヤーはほとんどいませんが、ゼロではありません。

世界にはレジェンド的な存在のバカラプレイヤーがいたり、マカオにはバカラ攻略集団と呼ばれる団体もいるようです。

さらにYoutubeなどのSNS上には、自称プロポーカープレイヤーを名乗る人物もおり、独自の手法で安定した勝利金を獲得しているプレイヤーもいます。

また生活費とまではいかないにしても、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしているプレイヤーなら、相当数いるのではないでしょうか。

バカラのプロになっても大金を稼げない

ここまでの調査でわかるように、バカラのプロはそこまで多くありません。ポーカーのプロと比較すると、かなりの差でしょう。

バカラのプロが少ないということは、バカラの大会やトーナメントも少ないということです。もちろん高額賞金が獲得できるバカラの大会はありますが、ポーカーとは比べ物になりません。そしてバカラの大会が少なければ、稼げる機会や賞金も少なくなります。

プロポーカー選手は、世界各地のポーカートーナメントを巡り、賞金を荒稼ぎしています。バカラトーナメントが少なければ、勝利するチャンスも少なくなるので、オンラインのバカラゲームでコツコツと稼いでいくしかありません。

Nojica

バカラのプロの賭け方

バカラのプロの賭け方は、普通のプレイヤーと何が違うのでしょうか?

バカラのプロ選手がそもそも少なく、その手法や賭け方もあまり多くは公開されていませんが、おそらく以下のような点を徹底していることでしょう。

  • 引き際を明確にしておく

プレイする前に、あらかじめ引き際を決めておき、そのルールを破らないことを徹底します。

引き際とは、入金額やベット額の上限設定、特定のパターンで負けたときはそれ以上プレイしない、など多種多様です。

これらの徹底は重要で、深追いする人は大体負けています。

入金額やベット額の上限は、各オンラインカジノの自己規制メニューから設定することもできます。

  • 罫線で参考程度に流れをつかむ

罫線予測に意味がないとは言いつつも、自分にあった場の流れやゲームの雰囲気をつかむのに利用する人は多くいます。プレイヤーそれぞれ、得意な場面などはありますからね。

オンラインバカラのプロは罫線を過信しないながらも、参考程度に利用しているようです。

罫線の利用方法については「バカラの罫線とは?罫線を使って予想する方法」の記事も参考にしてください。

  • 攻略法を使った賭け方を徹底する

バカラのプロは、ただやみくもに賭けるのではなく、ウィナーズ法パーレー法などのベット法を徹底しています。これはバカラに限ったことではありません。


  • メンタルを安定させる

カジノはスポーツではないですが、メンタルもとても重要です。

負けが続くとヤケになり、目をつぶってベットをしたり、オールインしたりするプレイヤーがたまにいますが、カジノのプロは絶対にそんなことはしません。そんな時こそ冷静沈着、自分が課したルールを徹底します。そしてここぞというビッグチャンスが来た時に大勝負に出て大きく勝つのです。

この記事を書いた人
心のプロフィール画像

本多 心

オンラインカジノで数年働いた後、ニチカジのコンテンツライターとなる。10代の頃はギャンブルに明け暮れていた時期もあったが、現在は余裕資金で楽しめるまでに成長。麻雀と競馬が好きな女ギャンブラー。好きなカジノゲームはボーナスバイできるスロット、特にホワイトラビットが大好き。最近は株式投資にもハマっており、仮想通貨で失った資産をせっせと回収中。

記事一覧