更新 2024年6月14日

オンカジに金返せは通用する?オンラインカジノは返金に応じるのか

オンラインカジノに「負けたお金を返せ」というクレームや問い合わせは、少なからずあります。ゲームトラブルや通信障害によるものから、クレジットカードを悪用されたケース、生活資金がなくなった場合など、その状況は様々です。

このようなトラブルが起こった場合、オンラインカジノへの返金要求は通るのでしょうか。オンカジ内部で働いた経験のある筆者が解説します。

オンラインカジノは返金しない

結論から言うと、オンラインカジノが返金に応じることは、基本的にありません。利用規約に同意しカジノゲームを楽しんでいることからも、カジノゲームの賭け金に使用した資金が返金されることはもちろんあり得ませんし、ベットのキャンセルもできません。そのことは、各オンラインカジノの利用規約にも明記されており、アカウント開設を済ませた時点で、それらの利用規約に同意していることとなります。

なぜ返金されないのか?返金が無理な理由

オンラインカジノが返金しない理由は、返金したくないからではなく、返金できないからです。

日本だけでなく、いま世界ではマネーロンダリング対策が厳しく施策されています。通常、一度入金したリアルマネーはそのまま出金することができません。最低でも1倍の賭け条件を消化しなければいけないのが一般的であるように、オンラインカジノでは一度入金した資金を何もせずにそのまま返金(出金)することはありません。

さらに、入金した金額をまるまる出金申請するケースは、不正チャージバックの典型的なパターンでもあります。例えば、他人から違法に入手したクレジットカード情報を利用して入金し、自分の口座に出金するといった悪質な犯罪は、確実に防がなければなりません。

返金が認められるケース

そんな中、オンラインカジノから返金が認められるケースも少なからずあります。次のような場合です。

  • オンラインカジノ側のシステムエラー
  • ゲームのバグ
  • オンラインカジノ退会
  • ギャンブル依存等によるアカウント凍結
  • 不正利用や犯罪の被害者

上記のようなケースの場合、オンラインカジノからその正当性が認められれば、プレイヤーに資金が返金されます。

オンラインカジノの返金に関する利用規約

オンラインカジノの返金に関する利用規約をいくつか抜粋したので、見ていきましょう。

ベラジョンカジノの返金に関する利用規約例

日本一のオンカジと名高く、オンカジランキング上位常連のベラジョンカジノは返金に応じるのでしょうか。ベラジョンカジノの返金に関する利用規約は次のとおりです。

ベラジョンカジノの返金に関する利用規約1予期できない技術的な問題、または第三者プロバイダーの技術的な問題が発生した場合には、賭けのキャンセルであったり、払い戻し(返金)を行うことができるようです。

 

次もオンラインカジノにクレームの来るケースのひとつで、ゲームラウンドが何らかの理由で完了しなかった場合は、賭け金はユーザーアカウントに返金されます。

ベラジョンカジノの返金に関する利用規約2しかし、多くの場合は次の例にあるように、払い戻しはBreckenridge(ベラジョンカジノ)の裁量のみで行われるようです。 ベラジョンカジノの返金に関する利用規約3

ミスティーノカジノの返金に関する利用規約例

次に、サプライズキャッシュバックが人気のミスティーノの返金に関する利用規約を見てみましょう。

ミスティーノカジノの返金に関する利用規約少し長いですが、ミスティーノ独自の裁量により、アカウントの閉鎖や資金の没収の他に、入金額の返金が行われることもあるのがわかります。

プレイオジョの返金に関する利用規約例

最後に、キャッシュボーナス(賭け条件なし)がもらえるオジョプラスが話題の、プレイオジョの返金に関する利用規約も確認してみましょう。

プレイオジョの返金に関する利用規約2不具合によりゲームが不成立となった場合は、資金はプレイヤーに返金される旨が明記されています。

 

しかし、同じゲーム不成立のケースでも、インターネットの接続問題や、ゲームラウンド終了前にゲームを離れてしまったことが原因による場合、その対処法は異なってきます。

ベラジョンカジノの返金に関する利用規約1再度ログインをして14日以内にゲームを再開しない場合、ゲームは終了し、ベット額の返金もされません。それどころか、獲得できたかもしれない勝利金さえも失うことになりかねません。

オンラインカジノの返金まとめ

オンラインカジノへのクレーム(不具合への指摘、サービス改善)のひとつ、資金やベット額の返金は、正当性さえ認められれば返金されることがわかりました。

逆を言えば、真っ当な理由がない限り、返金は一切認められません

「こんなに使うつもりじゃなかったから、返して・・・」
「ベット額間違えたから返金して!」

なんて言い訳も通用しません。

特にベット額の設定ミスはありがちで、かくいう筆者もつい先日、痛い経験をしました。

ランドカジノでスロットを回していた時のこと。
0.3ユーロ(約50円)ベットのつもりが、初手をミスり、なんと30ユーロ(約5000円)で3回スピンしてしまい、「あれ?スピンできない」と残高を見たら、資金不足。チーン・・・
10秒で100ユーロ(約16,000円)を失いました(笑)

ま、その後回収できたので良しとしますが、台に座って一発目のベットはランドカジノだけに限らず、オンラインカジノのスロットでも要注意ですよね。こういった自分自身の勘違いやうっかりミスで、資金を取り戻せることはあり得ないので、みなさんも十分気をつけてください。

気をつけた上で、システムエラーやゲームの不具合が発生してしまった場合は、慌てずにオンラインカジノの日本語サポートに問い合わせて状況を説明しましょう。ゲーム履歴などの確認で多少の時間は要しますが、丁寧に問い合わせをすれば、誠意を持って対応してくれるはずです。

今後理由もなく、オンカジに「金返せ!」なんて理不尽なクレームがゼロになることを祈り、今回はここで失礼します。Nojica

この記事を書いた人
心のプロフィール画像

本多 心

オンラインカジノで数年働いた後、ニチカジのコンテンツライターとなる。10代の頃はギャンブルに明け暮れていた時期もあったが、現在は余裕資金で楽しめるまでに成長。麻雀と競馬が好きな女ギャンブラー。好きなカジノゲームはボーナスバイできるスロット、特にホワイトラビットが大好き。最近は株式投資にもハマっており、仮想通貨で失った資産をせっせと回収中。インタビュー記事も公開中!

記事一覧